幸せになるための家づくり

幸せになるための家づくり|スペシャルコンテンツ

家づくりに欠かせない情報が盛りだくさん!初めての家づくりには是非チェックを!

初めはどうすればいいの?

家づくりの想い

知って得する小冊子

お施主様に選ばれる理由

土地探しの秘密教えます!

人生を楽しむ正しいお金の使い方

トップへ戻る

初めはどうすればいいの?

失敗しない家づくりをする時に…最初の一歩は何かごぞんじですか?

道具

「土地さがし?」
「プラン作成?」
「見積り?」
「建築会社さがし?」
「税金?」
…いえいえまず最初にする事は…「資金計画」ですよ。
「いくら借りられるか?」ではなく
「いくら返せるか?」ごぞんじですか??

個別資金計画相談会開催中!

担当にお声かけ下さい。資金計画をマスターした後、そう行動したら家づくりを失敗しないか?
そこまでは、責任を持ってアドバイスします。

●自分達の要望を聞いてもらえるかな?
●自分達の要望を実現できるかな?

あなたも一度は、こんな不安を感じた事があるはず
私達は間取りを作る時あなたの要望やライフスタイル等を
この「幸せの家づくりオーダーシート」を使って、事細かく話を聞かせてもらいます。
これにより予算内であなたの理想的な家をご提案させて頂きます。

幸せの家づくりオーダーシート

幸せなるための家づくりには、資金計画が大切です!

家を現金で購入するヒトは、ほとんどいません。
家づくりをすることは、資金計画をきちんと立てることでもあります。
資金計画を間違えると幸せになるための家づくりのはずが、家のためにお金を支払う苦しい人生になります。

〈住宅ローンを支払うために…〉
・子供の春休みや夏休み、冬休みに楽しい旅行に行けない…
・食費を切り詰め、家族で外食もできない・・・
・お父さんは、お小遣いを減らされ、飲みにいけない・・・などなど

資金計画を間違えたばかりに、多くのことが我慢の連続に…
そんな生活が何十年も続くことに、あなたは耐えられますか?
しかも、あなたのことを考えていない住宅営業マンから家を買った場合、予算ギリギリの家を買わされ、
幸せな生活がおくれなくなります。せっかく幸せになるために買ったマイホームが…不幸のはじまり…
もし、あなたが幸せになるための家づくり計画をお望みであれば、ぜひご相談ください!!

家づくりの現場

家づくりの現場を見る!

家づくりは、一生に一度あるかないかです。
ほとんどの家族が家づくりについては初心者なのですから、
きちんと幸せになるための家づくりプランに
ついて知って欲しいと思います。

まず、家づくりの大切な一歩は家族みんなで現場を見ることです。
なぜなら、家がどうやって建てられるかご存知ですか?
理想の家づくりに必要なことはまず、現場をみることです。
最初は、構造見学会もしくは完成見学会どちらでも構いません。
とりあえず、実際の家を見ることが大切なのです。もちろん、見るのは一回だけでなく、納得できるまで、
何度でも足を運んでいろんな家を見てください。
職人達の理念や想いを読んでみてください。職人達のがどんな想いで家づくりをしているか知ることが
できると思います。家づくりは、あなたにとって、一生に一度の大きな買い物だからです。
あなたには、家を通じて幸せになって欲しいし、後悔だけは決してして欲しくないのです。
さあ、まずは現場に行って見学してみましょう!

見学・体験会お気軽にお越しください

トップへ戻る

自然素材派の木造注文住宅

住む人の心を、深いやすらぎと快さでつつむ自然が生み出した素材。
ずっと昔から変わらない木の素晴らしいさを生かした住まいづくりは、
家族のライフスタイルを快適で心豊かな暮らしに変えます。
人工的なモノで造られた家は、どこか堅苦しく、冷たい・・・

木は、自然が生み出した天然素材
・紫外線の呼吸率が高く目にとても優しい。
・木の床は適度な弾力があり、衝撃を吸収するので膝を痛めない。
・感触が良く断熱性が高い…など
木はたくさんの特質を持っています。
また、自然素材派こだわりの家づくりは、木という自然の素材が質感や風格だけではなく、
鉄やコンクリートに比べても耐久性・耐震性に優れ、住む人の健康や安全性、自然環境への
配慮から見ても、住宅に最もふさわしい素材なのです。
住む人の心と身体を癒し、やすらぎでつつむ自然素材にこだわった家づくりをご提供します。

ウッド・エルメゾン

トップへ戻る

土地をお探しのあなたへ

ワンポイントアドバイス

ご自身の住みたい家のプラン(特に間取り)は、お持ちですか?
ご希望の間取りを持たずに土地探しをしていますと
理想の家づくりができない場合があります。

土地にふりまわされる家づくり…

あなたはどう思いますか?
もう少し、具体的なアドバイスが欲しいあなたは、
スタッフまでお声掛けください!!

「土地がないのだけど…」探してもらえるの?

正直に言います。私達は不動産専門店ではないので、あなたの希望通りの土地を絶対探しだします!
とはお約束できません…

ただ現在、宗像・福津でたくさんの土地情報をもっています!
それでよければ無料であなたに土地情報をお知らせします!!

どうされますか?
必要であれば希望する土地の地域・広さ・予算など必要条件をスタッフにお知らせください!!

「おたくの坪単価はいくらですか?」

ってきかれますが、坪単価って結構あいまいで、はっきり言って説明しにくいのです…

■あなたが建てたい家が、どれ位の坪数でそれが広いのかどうか…?
■坪数にどこまで入ってるのか…?
■単価にどこまで入っているのか…?
お客様によって家族構成や家に求めることは違うので、それぞれの状況によって掛ける
費用が異なってしまうのが現状です。

坪単価とは、単に割り算の結果であり、最初から出てくる事が実はオカシな事なんです。
もちろん、当社の実験による目安の金額を資金計画の事例で、ご説明する事はできます。
詳しくはスタッフまで!

個別資金計画相談会開催中!

トップへ戻る

人生を楽しむ正しいお金の使い方

知らなきゃ困る!!家づくりにかかる諸費用

●登記
・表示登記…約8万円
・保存登記…約5万円
・抵当権設定費用…約10~15万円
・抵当権追加設定…約4~6万円
・解体する場合は滅失登記…約5万円●火災保険
・地震、家財をつけるなどで変動。約30~80万円
※とりあえず、火災と地震が5年セットで約15万円

●固定資産税
・家(木造なら本体価格×55%)×1.4%
※3年間は半額になるので約5~10万円
・土地(200㎡までなら評価額の1/6)×1.4%

●引越
・自分たちでする場合は、0円

●土地
・土地の代金
・仲介料(およそ土地の代金×3%+消費税)
・印紙代…1.5万円(1,000万~5,000万円迄)
・地目変更※…約4万円
・地震転用※…約6万円
・所有権移転登記(土地の名義を変更)約15~20万円
・分筆・測量(土地の区分けをする)※約40~100万円
・造成※
・地盤改良
・その他※(上下水道引込み、43条の申請など)
※については、選ばれる土地によってかかる場合があります。

●住宅ローン
・保証料→金利に0.2~0.5%を上乗せ
・手数料→0~5万円程度
・印紙
・つなぎ融資…手続時(印紙、手数料)

※上記以外にも費用が発生します。(家具、家電製品など…)

土地にかかる費用を外して考えても総額150~250万円、平均で200万円程度は必要と考えてください。

なぜ、伝えたいか? それは、あなたに損をして欲しくないために!

□たった1%の違いで750万円が吹っ飛ぶ真実
□その住宅ローンでは老後資金が消えています
□2,000万円の家を3,000万円で買う人!5,000万円も払い続ける人!
□借りられる金額と、借りてよい金額は違います
□幸せになる住宅ローンと、そうでない住宅ローンがある
□住宅ローンを利用しながらお子様の学費を無理なく積み立てるコツ
□住宅ローンを利用しながら旅行にいくなど豊かに暮らすコツ
□例えば現在お入りの保険を見直すだけで、家が建ってしまう

大切な住宅ローンの話

皆さんご存知でしょうか?
今、日本には実に4800種類以上の住宅ローンがあります。
でも金利の付き方で分類するとたったの2種類です。
①変動金利型:今借りたら、最後までいくら返済することになるか誰にもわからないもの。
②固定金利型:今借りたら、最後まで返済条件・返済金額が絶対変わらないもの。

金利が降下傾向

金利が上昇傾向

何十年と付き合うことになる住宅ローン…。選択を間違えると何百万円と損することも…

間に合わせの多い「頭金」の話!!

家づくりを考え始めたとき、せっせと頭金を貯める事に一生懸命になる人がいます。
ところが…、一生懸命に貯めたそのお金がすべて消えてなくなってしまう事があったら…

しかも、いい家を手に入れるために狭いアパートに暮らしながら、苦労して頑張って貯めているはずなのに
最終的には、その努力に意味が無かったら…

もしかすると数百万円の損をしてしまうかもしれません。
大切なお金です。不安に思った方はスタッフまで!!

まだ無駄に家賃を払います??

突然ですが、あなたの家賃はいくらですか?

敷金や礼金などを含めて今まで支払ってきた総額がいくらになるのか計算した事ありますか?

例えば、敷金・礼金2ヶ月分づつ家賃6万円のアパートに8年間住むと仮定しましょう。
その場合支払総額600万円

賢明なあなたならお気づきですね。

今まで払ってきた総額が、新築の頭金以上である事…。
もし頭金なしでも十分な支払ができる住宅ローンを知ったら…

トップへ戻る

お問い合せ